24時間異世界へ旅立った少年の話し

少年の異世界転移24時

もうすぐ日が暮れる。
僕は怖くてたまらなかった。
僕のいた世界そっくりのこの町は、間違いなく異世界だ。

ここの住人たちは感情らしいものも会話もなく、終始無言で無表情。
無機質なマネキンが動いているようで、
とても同じ人間に見えなかった。

僕はこの世界に着てからまだ会話がまともに成立していない。
恐怖はジワジワと染みが広がるように大きくなっていく。
何をしても誰もが無反応の世界の、言いようのない孤独感が僕を震えさせている。

住人たちが歩く方向へ着いていくと、駅前のような場所に出た。
バスの止まるロータリーや大きな交差点がある。
しかし、人の歩く音と車のはしる音以外、鳥や虫の鳴き声さえ聞こえない。

ふいにガシャーンという大きな音が聞こえると、
僕の目の前を『女子高生のようなもの』が横切った。
音のした方を見ると1台のバスが止まっていて、車体がへこんでいる。

『あぁ…この女の子は車にはねられてしまったのか』

しかしバスは気にするでもなく、
何事もなかったかのように再発進して行ってしまった。
道を歩く通行人も、地べたに倒れて動かない女子高生を気にする気配がない。

僕は慌てて駆け寄ると、女の子の口に手を当てる。
よかった…わずかだが呼吸をしている。つまりまだ生きている。

『この世界に救急車はないのか?早く病院に連れて行かないと…』

しかし僕はこの町のどこに病院があるのか知らないし、
もっている携帯電話は圏外だった。

僕は悔しかった。
少女の呼吸がだんだん浅くなってきた。だが誰も助けようとしない。
僕は叫んだ。

「このままじゃ、この子が死んでしまいます!
だれか早く救急車を呼んでください!
治療できる場所だけでも教えて下さい!」

通行人は多いが返事はない。
それどころか、誰一人としてこちらに顔を向けることもない。
みんながみんな、ただただ通り過ぎていく。

僕は悲しくなってきた。ほほを涙が伝う。
なんで誰も助けてくれないのだ。
いま、僕の目の前で1人の少女の命が消えようとしている。
僕は無我夢中で心臓マッサージをして声をかけた。

「諦めないで!生きてください!」

必死だったから気づくのが遅れたんだと思う。
耳元にガーッという大きな音が聞こえて振り返った時、
僕の思考はフリーズした。

僕と少女のいる場所めがけて、
さっきとは別のバスが凄いスピードで突っ込んでくる。
少女は倒れているし、僕もしゃがんでいるからよけるのは無理だ。

「わぁーーーーーーーっ」

僕は何も出来ず目をぎゅっと瞑った。

 

 

***

 

 

視界が暗い。
目を瞑っているから当たり前だ。

あれから何秒、何分たっただろう。特に痛みや衝撃はなかった。

「・・・・・・・」

恐る恐る目を開けると、夕日が見えた。
あたりを見るに、ここは僕が通っている高校の屋上だ。

心臓のドキドキを沈める為に深呼吸を繰り返すと、
あいまいだった記憶が徐々に戻ってきた。

僕はいちいち人の顔をうかがってばかりだった、
高校の人間関係がイヤになったのだ。

好きな読書で知ったまだ見ぬ異世界や来世にばかり憧れて、
現実がいやになって飛び降りようとここまで来たのだ。
飛び降りる前にいけた異世界に、
胸おどる冒険が待っていない現実も覚えている。

屋上の入り口まで戻って、僕は見慣れた町並みとその向こうの夕日を見た。
いまなら僕は僕の意思ではっきり断言できる。
僕はこの世界で生きて生きたんだと。

◆ノベライズした本編は
コチラで読めます(別窓が開きます)