ある~ひ、もりの~なか、クマさ~んに♪

ある日の森の中

美智子は怖くてたまらない。
後ろの茂みから出てきた大きなクマに追いかけられているからだ。

いったいどうしてこんな目にあうのだろう。
確かにこのあたりは田舎だけど、
25年暮らしていてクマなんて見たのは初めてだ。

恐怖はどんどん大きくなっていく。
暗くてよくわからないが、
後ろから追いかけてくる影に大柄な男性が加わったからだ。

美智子はやけくそになり怒った。
悲鳴なんて上品なものはあげられないので、
必死で走りながら叫んだ。
「なんで私がこんな目にあうのよ!追いかけてこないでよ!」

すると後ろから、後から加わって追いかけていたと思う男性の声が聞こえる。
「とりあえず待ちなさい、私は警察だ」
美智子は悲しくなった。いまの言葉が本当ならば、
警官は私を助けずに追いかけてきている。

何も悪いことなんてしていないのに!

その時、後ろから追いかけていた男性が美智子の肩を掴んだ。
あぁ…私はここでおしまいだわ。

視界の隅に後から追いついたクマが、のっそりと顔を出した。
警察だと言う男は言った。
「キミ、このクマのくわえているイヤリングを落としたのはキミだろ?」

美智子はこのあと、クマと踊るべきか真剣に悩んだ。

 

◆あとがき

ホラーに初挑戦して盛大にコケた気がします(・x・)