初恋を忘れられなかった男の人の物語り

60年分の親愛をこめて

今年で65歳を迎える大吉は、どうしても初恋の幼馴染であるチヒロに会いたかった。
60で仕事を止めた大吉は年々体調が悪くなって、
行動範囲がせまくなる焦りと後悔からだった。
たしかに障害はいくつもある。

1つはチヒロの結婚式以来40年も会っていないので、チヒロの現状がまったくわからない。
2つはチヒロにも家庭があるだろうから、天涯孤独の老人が会いに行っても迷惑だろう。
なにより3つ目に、会いに行ってチヒロに拒絶されるのが恐ろしかった。

しかし、大吉には決して、決してあきらめられない、
このままでは死にきれない気持ちもあった。
やるだけのことはやってみるべきだ。

大吉は棚に仕舞っていた年賀状をごっそり取り出し、
チヒロ夫妻からの一番新しい年賀状の住所のメモをとった。
思いのほか遠方だったので、銀行の預金から交通費も調達した。
道中で体力がもつ保証もなかった大吉は、
月に一回の定期健診で医師に相談もし薬を貰った。

決意して準備に30日かけた大吉はいま、チヒロの自宅がある街の丘の上にいた。
丘を登るまでに息切れし、何度も休憩を挟み茶を飲み座り込んで、3時間かけて、
大吉はチヒロのもとまでたどり着くことが出来た。

大吉の目の前で、チヒロが眠るとされる墓標がただ静かに立っている。
3ヶ月前に、心不全で眠るように亡くなったそうだ。
出会いは5歳、疲れた大吉はその場に座ると、
初恋の相手に60年分の気持ちを語り始めた。

◆修正・加筆 完全版掲載先
コチラで読めます(新しく窓が開きます)