どんな能力よりも強く、誰にも負けない最強の可能性と最弱といえるデメリットの能力者。
彼はその力を使いこなせるのか?

最強最弱の超能力者

オレはいま、時間を止めるべきか時間を止めないべきか迷っていた。

話は簡単だ。
オレは人生で1度だけ「時間を止める」ことができる。
「止める」だけで「戻す」「進める」はもちろん「ふたたび時間が進む状態」に還ることもできない。
この力を使えば誰にでも勝てるし世界を滅ぼせるが、オレは永遠に止まった時間の中だ。

目の前の子供があとほんの数秒で車に轢かれる。迷っている時間は長くない。

時間を止めれば、子供を安全な場所へ移動させることは出来る。
オレはそのまま一生かえってこられない。
時間を止めなければ、オレはこの最強の力を持ったまま、
きっとこれからもこの平凡な人生を不安なく暮らしていける。

減速する気配のない車が少年の体にもう接触する。
決断の時は今しかない。

「…」

オレは背筋を伸ばしてやたら持ちにくい少年を抱えて、公園に立っている。
空を飛ぶハトやスズメが空中で停止している世界で、そっと少年を地に下ろす。

オレはもう二度と沈むことがない太陽を見て、あんがい悪くない気分に浸っている。

◆加筆・修正 完全版掲載先
コチラから読めます(別窓がひらきます)